私共GSPエンタープライズは、
様々なスクリーニング技術を駆使し、今までにない抗体を創出し、
ゲノムに秘められた未知の力(Genome Super Power)を引き出します。
新着情報
2020.12.01
​「抗Cripto-1抗体」に関するプレスリリースを配信しました。
  • プレスリリース:臨床試験開始に向けて、がん幹細胞を標的とした抗体医薬を共同開発
  • 配信元:CDW Holding Limitedのホームページはコチラ 
Antibody Library Press Release - 30 Nov
2020.09.09
「抗ヒトCripto-1抗体」の特許を取得しました。
2020.09.09 特許証:抗ヒトCripto-1抗体(表紙).png
2018.01.09
公式ホームページをオープンしました。
研究施設の方へ
高柳淳, GSPエンタープライズ, 抗ヒト, Cripto, 抗ヒトCripto-1抗体

最先端生命科学の未来へ

故・清水信義 慶應義塾大学名誉教授の意思を受け継ぎ、
最先端生命科学の研究を重ねています。

私達は故・清水信義 慶應義塾大学名誉教授のご指導によりファージディスプレイ型抗体ライブラリーを独自開発しました。抗原の特性に合わせた様々なスクリーニング技術を駆使して、作製が困難であった抗体を創出し、未知の領域に挑む皆様の研究をサポートします。

CEO & CTO
博士(理学)
高柳 淳

 
研究開発・技術情報

私たちは、ゲノム研究の第一人者、
故・清水信義氏の想いを受け継ぐ研究機関です。

清水先生は、国際的なヒトゲノム研究が始まった時から、そのリーダーとして第一線を歩みました。そして、1999年には、ゲノムプロジェクトの最大の成果のひとつである染色体22番全体の解読に成功しました。

さらに、翌年には21番、2003年には8番染色体の解読に成功。先生の功績はゲノム解析にとどまらず、パーキンソン病、自己免疫疾患、難聴、緑内障などの原因遺伝子を発見し、それらの機能解析にまで及びました。

2007年に慶應義塾大学医学部教授を停年退職した後も、ゲノムに秘められた未知の力(ゲノム・スーパーパワー)の解明への清水先生の情熱は続き、2015年に74歳で死去する直前まで取り組みました。

当社は、清水先生が自身の研究を進めることに加え、その土台となる研究者の支援を行うために創業しました。今後とも、我々は、先生の遺志を受け継ぎ進めてまいります。

慶應義塾大学, 名誉教授, 清水信義, ゲノム研究者
抗体ライブラリー, 一本鎖抗体, Fab型抗体, 研究開発
研究開発, がん, ウィルス, 抗原, 抗体開発
当社のテクノロジー

当社の抗体ライブラリーは、10の13-14乗のレパートリーを有する一本鎖抗体を提示するファージディスプレイ型です。レパートリー数が飛躍的に向上したFab型抗体を提示するライブラリーの研究開発も進めています。

最新の開発研究

がんやウィルス等様々な抗原に対する抗体開発を進めています。

会社案内
GSP, GSPエンタープライズ, 抗体ライブラリー, 各種抗体開発, スクリーニングサービス, 組換え抗体作製, 新機能抗体ライブラリー開発, 共同開発
会社概要

名 称: 株式会社GSPエンタープライズ
設 立: 平成20年4月1日
代 表: 今井 順哉
顧 問: 清水 淑子
所在地: 〒556-0017 大阪府大阪市浪速区湊町1-4-38

     近鉄新難波ビル12F

主要事業について

1. 抗体ライブラリーを用いた各種抗体開発

2. 抗体ライブラリーを用いたスクリーニングサービス

3. 組換え抗体作製サービス

4. 新機能抗体ライブラリーの開発

5. 抗体ライブラリー関連試薬の販売

6. 各種共同開発

 
アクセス